スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『太陽戦隊サンバルカン』が東映特撮YouTube Officialで無料配信開始!

スーパー戦隊 太陽戦隊サンバルカン

san

他サイト人気記事


【特報】実写映画『銀魂』映像解禁!!!


亜人 24話 25話 感想 佐藤さんとのラストバトル開幕!


ブブキ・ブランキ 24話 最終回 感想 やっぱり礼央子さまが真のヒロイン…


【デジモンユニバース アプリモンスターズ】12話感想 ようやくハルくんが主人公っぽいことしてる!


Lostorage incited WIXOSS 第11話 感想 分かってたけどちーちゃん拗らせすぎだよ!


現代の「絶対この世界いい方に向かってないわ」感は異常


土曜更新「太陽戦隊サンバルカン」(昭和スーパー戦隊)
san2

全世界に宣戦布告した機械帝国ブラックマグマに、イーグル、シャーク、パンサーの3人の戦士が立ち向かう。バルイーグルが途中で交代し、曽我町子が前作『電子戦隊デンジマン』のヘドリアン女王役で再登場するなど、戦隊シリーズの中でも異色の展開を見せた。
(毎週土曜日10時更新/第1話は最終更新までご覧いただけます)

再生リスト


太陽戦隊サンバルカン 第1話「北極の機械帝国」

世界各地で異常現象や大規模な事故が巻き起こり、
その背景には機械帝国ブラックマグマの存在があった。
事態を重く見た国連は、3人の若者をサンバルカンのメンバーにする。
だが、その情報がブラックマグマに流れていた。スパイの正体はいったい?

太陽戦隊サンバルカン 第2話「人類が消滅する日」
 
A国とB国のスパイ衛星が相次いで墜落。
これにより両国は対立関係に陥ってしまう。
この事件の背景にもブラックマグマの策略があった。
さらには危険な細菌をロケットの弾頭に搭載して、
A国の主要都市に撃ち込もうというのである。
人類は世界大戦によって滅亡してしまうのか?

<動画コメント抜粋>

唯一男性メンバーの戦隊


そして、リーダーが交代したものの、
増員もせずにたった三人でブラックマグマを壊滅させた
ある意味、最強のスーパー戦隊ですね。


ギター!
鷲・鮫・豹 のトリプルプレイ


女子戦士がいない唯一の戦隊ですね。
その変わりに嵐山長官の娘
嵐山美佐がヒロインとなってますね。


その分敵側に桃色成分増量です。


鳥坂先輩


特撮界のレジェンド岸田森さん


サンバルカンって長官役の岸田森さんが出演した最期の特撮作品か


レオ「イーグル、シャークときてライオンじゃないのかよ!?」


朝夫は毎回ヒョー(豹)て言うのか


サンバルカンロボはスーパー戦隊初の合体ロボですよね。


大平さんが立て続けにナレーションしてたから
どこかで前作と繋がってるのではと
思ってしまうほど安定してる作品


後年のスーパー戦隊に限らず、
本作のパロディ作品(ガイナックス「愛国戦隊大日本」、
桂正和「学園部隊3パロかん」)を排出するなど、
「サンバルカン」に与えた影響は大きい。


スーパー戦隊シリーズの考察をした「すごい科学で守ります」という本の、
サンバルカンロボに関する解説が興味深かった。
こうしてデンジマンから続けて見ると、「なるほど!」と思うところがありました。


飯塚昭三さんは前作デンジマンで30回近くも怪人をやられていたそうですが、
今回はついに大ボスに!


女性戦士が登場しない等特徴ある作品だけど、
3戦士(2代目バルイーグルも)の名が演者と同じというのも唯一でしょうか?w


デンジマンでは色がメンバー全員の苗字についていましたね。


朝夫が耳を引っ張られているシーンは昭和のノリを感じて好き


ゼロガールズって後のシャイダーのくノ一5人衆
(ギャル軍団よりこっちの名の方が断然良い(爆)の雛形かなw


トリビアの泉で取り上げられたレッド交代劇


初代イーグルをあんまり見たことがないからこの機会に見よう。


1+2+3バルカン
S.H.Figuarts バルシャーク&バルパンサー セット
バンダイ
売り上げランキング: 20,113

他サイト人気記事


【速報】『BORUTO』アニメ化&『NARUTO』ハリウッドで実写映画化決定!


ドリフターズ DRIFTERS 11話 感想 あえて空気を読まない豊久さんパないっす!


『タイムボカン24』12話感想 魔法少女ジャンヌ・ダルク!38歳現役です!!


ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 38話 感想 吉良の悪運もとうとうここまでか


次の遊戯王の主人公がこちらwwwwwww


世の中広くていろんな人がいるな、お互いに宇宙人だと思った方が腹が立たないし、優しくできるんじゃと思った


コメント

  1. 他社のロボット玩具に名前が使われていた為にプラズマンを名乗れ無かった太陽戦隊。
    名残が
    「オーロラ『プラズマ』返し」
    「若さは『プラズマ』」
    最初からサンバルカンだったら
    「オーロラバルカン返し」
    だったんだろうな。

  2. 公式設定で繋がってるじゃん、サンバルカンとデンジマン。ヘドリアン女王とかデンジ星人の末裔もでるし。

  3. もう35年前の作品か。後の白面郎を初め、座布団運びの山田くん、そして何より特撮名優・岸田森の出演作だった。岸田も終了して10ヶ月後に逝去、奇しくも直後にテレ朝で再放送され、第1話冒頭、長官が子供とじゃれあう場面では逝去テロップが出てたのを思い出す。

    メンバーがわずか3名、それも女性戦士が一切登場しない(美佐はその代わり)のも珍しい。

    末期になると、「デンジマン」の青梅(ブルー)の親友役で、当時スターと化した三原じゅん子、そしてパンサーの実父・小林亜星がゲスト出演した。

    その後、「ゴーカイジャー」でゴーカイジャーが最初と最後に立ち寄った店が、「スナックサファリ」というのを思い出す。嵐山親子や助八(山田くん)はどうなるかと思ったけど、結局出なかった。でもラスト近くで2代目イーグルが出たのは良かった。

  4. 歴代戦隊でもこの作品は配信も再放送も難しいと思ったが…
    一部出演者が配信でのギャラ要求でもめないか?

  5. これの影響で、ジュウオウジャーのOPを、ついメロディラインはジュウオウジャーのままで「イーグル シャーク パンサー」と歌ってた。
    もう流石に混同しないけど。

  6. 3人戦隊て言ってるけど
    長官と美佐の存在感と活躍ぶりは戦隊メンバーそのものだった
    事実上の5人戦隊

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました