huruta


                スポンサーリンク

他サイト人気記事

【明治東亰恋伽(めいこい)】2話感想 文明開化の明治に花咲く恋の大浪漫

《アイカツフレンズ》40感想・画像 さくやちゃんの魅力がぐっと上がった1話

【バーチャルさんはみている】2話感想 相変わらず情報量が半端ない

《盾の勇者の成り上がり》2話感想・画像 ラフタリアちゃんが仲間になった

PS4『キングダムハーツIII』2分間におよぶ特別CMが公開!

究極生命体!? ガン細胞にしかない6個の超能力!



初代ウルトラマンの正体は鞍馬天狗?
スーツアクター・古谷敏が演じた“弱さ”と“哀愁”

ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった、世界に冠たる日本の「特撮」において、スーツや着ぐるみを着てアクションや演技を行う俳優“スーツアクター”の存在を抜きに語ることはできない。そこで、1966年放送の初代ウルトラマンを演じた、伝説のスーツアクター・古谷敏氏をインタビュー。特撮史におけるスーツアクターの立場の変化、そして、顔の見えない演技に込めた意地と気概を聞いた。

hurutb

■乗り気でなかったスーツアクター「僕はメロドラマ映画の主演を目指していた」

――東宝に入られた当時、スーツアクターという仕事の立ち位置を教えてください。

【古谷敏】僕が東宝に入った昭和35年(1960年)、まだスーツアクターなんて言葉はなくて、「ぬいぐるみ役者」という言葉でくくられていた時代です。

――古谷さんは当初、俳優として活躍されていました。

【古谷敏】僕自身はメロドラマの映画に出演することを目指していたから、特撮は別世界と思っていました。そんな時に円谷プロができました。円谷プロ初の特撮番組『ウルトラ Q』で、ケムール人(※『ウルトラQ』に登場する架空の宇宙人)を演じる俳優を探していた。それで、背が高くて痩せていて、スケジュール的にも余裕があるヤツはいないかと…、それが僕だったんです。

<中略>

【古谷敏】子どもに応援してもらうためにはどうしたらいいか考えた時、強すぎてはダメなんです。弱々しいところがないと子どもは応援してくれない。僕が子どもの頃、ヒーローは「鞍馬天狗」だった。映画を見て、鞍馬天狗がやられそうになった時に精一杯声援を送っていたんです。最後はヒーローが勝つけど、その手前までは弱くなきゃいけない。子どもが一緒になって応援できるよう仕向けるのが“演技者”の技量だと思います。


【古谷敏】「ウルトラマンを降ります」と言う決心をして、撮影所に向かうバスに乗った日のことです。三軒茶屋を通り過ぎて、吉田松陰を祭る松陰神社前から子ども4人がバスに乗ってきました。子どもたちは僕のすぐそばに座ってウルトラマンの話をしだして、「ウルトラマンは凄い!」「かっこいい!!」って目をキラキラさせて話している。当時、視聴率が良いことは聞いていたけど、僕ら映画俳優は視聴率の意味や重要性が全然分からなかった(笑)。あくまで僕らの価値観は映画の入場者数で判断していましたから。そんな中、子どもたちの生の声を聞いて、ウルトラマンが子どもの夢を育てていると感じられたわけです。

――ウルトラマンが、かつての「鞍馬天狗」のようなヒーローになっていると。

【古谷敏】ウルトラマンのお披露目会で円谷英二監督は、僕に「ウルトラマンは子どもたちに夢を与える仕事なんだよ」って言ったんです。僕が小さい頃に「鞍馬天狗」というヒーローから夢をもらっていたのと一緒なんですね。

――古谷さんの中にいる「鞍馬天狗」というヒーローと、ウルトラマンが繋がったわけですね。

【古谷敏】繋がりましたね。子どもたちに「僕がウルトラマンをやってるんだよ」って声をかけようと思ったくらい嬉しかった。子どもが今のウルトラマンや怪獣を楽しんでいるなら、子どもたちの夢を育てるために続けようと。そんな風に心を入れ替えることができたのが、“古谷ウルトラマン”にとっての忘れられないターニングポイントです。

▼以下、インタビュー全文はリンク先にて


<記事コメント抜粋>

深イイ話

アマギ隊員だ!

当時見た大人は突っ込んだそうな。
”お前(ウルトラマン)はアメリカ人か?”ってねw

藤岡弘、も鞍馬天狗の影響を受けたと言っていた。

古谷さんはウルトラマンの最終回でゾフィーも演じてるよね。

懐かしいなぁ。アマギ隊員もいいトシの取り方をしてますね。
しかしケムール人は本当に八頭身でカッコ良かった。

これだけ誠実に演じたから
次のウルトラセブンでは顔の見えるアマギ隊員やったんやね
納得です。

三年前に古谷さんのワンマンショーでこの話を生で聞きました。
握手して貰った古谷さんの手は大きくて力強い
ウルトラマンの手そのものでした。

複数のアクターが各話で演じ分けている怪獣と違って、
ウルトラマンは基本的に古谷さん1人でこなしたってのが凄い
(怪獣よりは出番が少ないとは言え)。対シーボーズでの演技は絶品です。

それ以降のウルトラマンはマッチョな男性キャラだが、
古谷ウルトラマンは立ち振る舞いからして歌舞伎でいう女形だと思う。
ゼットンに放ったスペシウムが効かなかったときの
ウルトラマンの焦った表情は古谷氏にしか現せない名演技だ。

躊躇したりひるんだりする時の手の「ピクっ」ていう演技も
子供心に印象に残っていましたね。ウルトラマンも焦るんだなぁと。
顔は見えずとも素晴らしい仕事をされたと思います。
今でも大好きですからね。

古谷さんらの苦労があって、今でも新しいウルトラマンが生まれ、
当時と同じようにスーツアクションを基本として作られてるし、
子どもたちも変わらずに目を輝かせてる。

着ぐるみ着てなくても古谷さんがスペシウム光線のポーズをとると
なぜかウルトラマンに見えるんだよね。

良い話だった





ULTRAMAN ARCHIVES『ウルトラQ』Episode 19「2020年の挑戦」Blu-ray&DVD
ポニーキャニオン (2019-02-20)
売り上げランキング: 17,093

夢の足跡 加藤茂雄×古谷 敏 俳優人生を語る 江の島 岩屋の旅 [DVD]
有限会社ロングラン 映像メディア事業部 (2016-01-16)
売り上げランキング: 185,272

他サイト人気記事

【遊戯王VRAINS】85話感想 初めての兄弟喧嘩

《ケムリクサ》2話感想・画像 ここまでがプロローグって感じなのかな

【revisions リヴィジョンズ】2話感想 この主人公・・・自分に酔いまくってる

歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」感想:改めて凄い英傑!破天荒なエピソードが好き!

Switchなどに「VLCメディアプレイヤー」が登場か?

【1.17】阪神淡路大震災から24年 新映像が次々と