kuroda1

関連:二連続で戦隊のブラックとして活躍した男、春田純一さん


                スポンサーリンク

他サイト人気記事

【進撃の巨人 Season 3】41話(3期4話)感想 今回は特にジャンの行動が注目ポイント

《プラネット・ウィズ》6話感想・画像 まるでラストバトルのような展開!次回からどうなる・・・

《あそびあそばせ》6話感想・画像 勉強できる華子ちゃん!オリヴィアちゃんは髪切るのに失敗しても可愛い

【ISLAND -アイランド-】7話感想 前半はあんなにほのぼのしてるのに後半は悲しいな

『DOOM Eternal』開発中のゲームプレイ映像公開

【悲報】NASA、イーロン・マスクの火星移住計画を否定 ─火星のテラフォーミングは不可能



戦隊ヒーローから演出家、映画監督へ…春田純一デビュー40周年、演劇塾も開校

俳優・春田純一(63)はスーパー戦隊シリーズ「大戦隊ゴーグルファイブ」(1982年)でゴーグルブラック、「科学戦隊ダイナマン」(83年)でダイナブラックを続けて演じ、演劇では89年の「今日子 幕末純情伝予告編」から、つかこうへい作品に欠かせない存在となった。

現在も多くの映画やドラマで活躍する一方、約3年前からつか作品を中心に舞台の演出も手がけるようになり、今年はついに初の映画監督作品「烏、蟷螂。」を完成させた。

haruta1

 映画の製作は、神戸の劇場「シアター・エートー」支配人で女優の大下順子から監督を依頼され、春田が「大人もの」を提案してスタート。春田と大下が夫婦の愛を演じており、約2年間かけて完成にこぎ着けた。

 「台本がないとか、現場でシーンを作っていったりとか、エチュード(即興)的に演出して役者さんにしゃべらせたりとか、テストもなく一発本番の長回しとか。実験的、ドキュメント的な方法で撮影しました」

 自身が出演してきた「台本があってセリフにのっとってっていう」ドラマや映画とは全く異なる方法だが、春田は俳優として今まで「セリフがあると、セリフにとらわれて生きる演技にならない。どうしても決められた演技になっちゃう」葛藤があったという。そのため、「リアルなものを作るにはどうしたらいいか。舞台のエチュードを映画に採り入れたらどうなるんだろうと思った。その場その場で生まれるものを撮っていく、本能的な映画を撮りたかった」と説明した。


 今年、演技と殺陣を教える「熱血春田塾」を神戸で開校。演出家としては兼主演の「チョコレートケイキ」(8月17~19日、シアター・エートー)でセリフを排除したアクションだけの演劇に挑む。デビュー40周年の63歳は、まだまだ領域を広げている。

▼以下詳細はリンク先にて

熱血春田塾
https://www.harutajyuku.com/


神戸三宮シアター・エートー製作「烏、 蟷螂。」予告編(最新版)



Cast
春田純一 /Junichi Haruta                    
大下順子 /Jyunko Osita
村上泰児 /Taiji Murakami                     
渋谷天外 (声の出演)/ Tengai Shibuya                                       
堀内正美 / Masami Horiuchi                  
谷隼人  / Hayato  Tani                                         
大葉健二 / Kenji Oba                         
津川雅彦  / Masahiko Tsugawa

ほか
 
Staff
原案・構成・監督           春田純一 
映像監督                   石田アキラ 
挿入曲演奏                  永野景子 「アヴェ・マリア」(カッチーニ)
エンディング曲演奏・歌      天野 SHO  
オンライン編集          大木ミノル 
スーツ造形                  三枝徹 
操演                  羽鳥博幸          
スタントコーディネイト      柴原孝典            
 制作総指揮                    菱田信也
製作    神戸三宮シアター・エートー 

愚直な職人として生きてきた熟年の男。
墜ちた“烏”の、みじめな生き方。

堕落していく最愛の主人を、
冷酷に、残虐に“蟷螂”のごとく追い詰めていく妻。
それはまさに「殺愛」―!

滑稽なほどの無器用さをさらしながら
それでもなお
再び立ち上がろうとする男の決意とは―?
「人間、そして夫婦の再生」。
それが、「烏、蟷螂。」!
【「烏、蟷螂。」】   
                              
映画「烏、蟷螂。」は「神戸三宮シアター・エートー」が企画、製作。
“KOBEから世界に向け、芸術・文化・エンターテイメントを発信!”を旗印に、
劇場が演劇、映画、あらゆる芸術における
気鋭のアーティスト&クリエイターが集う拠点となることを願う、
その一環として、春田純一 初監督「烏、蟷螂。」を世界に向けて発信いたします。

<記事コメント抜粋>

科学戦隊ダイナマンの主題歌好きだったなぁ

今も特撮関係に出演されたりしているのでスゴイです。
大好きな俳優さんです。

若い頃はキレキレのアクション
今は渋く落ち着いた味のある演技
春田さんは歳相応の演技に定評のある役者さんですね

かっこ良かったよな〜幕末純情伝の春田さん。
私は小学生だった、。

好きだった俳優さんが今も活躍されているのは凄い嬉しい

たしかJACでは大葉健二さんと同期のはず。
大葉さんと共にサニー千葉を支えたアクション俳優ですな。

戦隊ヒーローの役から ジャスピオンのマッドギャラン、時代劇の忍者まで、
アクションのオールマイティーで、活躍してる春日さん、映画監督としても 期待してます。
 
ミスターブラックこと春田純一!懐かしい…。





大戦隊ゴーグルV VOL.2 [DVD]
東映ビデオ (2006-10-21)
売り上げランキング: 129,156

科学戦隊ダイナマン VOL.2 [DVD]
東映ビデオ (2007-12-07)
売り上げランキング: 143,835

他サイト人気記事

《銀魂 銀ノ魂篇 後半戦》18話(359話)感想・画像 ハタ皇子が世界の命運を左右するキャラになってる

【バキ】7話感想 学校に来るのはやめたげなよ

《はねバド!》7話感想・画像 綾乃vs薫子のライバル対決

【重神機パンドーラ】第10話 感想 大切なのは形じゃなく心!でも味も大事だよね?

115年前に作られた「幻の28府県案」が意外といいかも(画像あり)

男「このハズキルーペがあればどんなものでも見える!」後輩女「すごーい!」